MENU

歯の黄ばみが取れる歯磨き粉

歯の黄ばみが表面的なものであれば、日常的に使う歯磨き粉で落とすことが可能です。

 

製品の機能は様々ですが、研磨と洗浄の2種類で対応することが普通です。

 

タバコの影響で付着した黄ばみだけでなく、茶渋やワインの汚れも取れる歯磨き粉を選ぶことができます。

 

汚れを取るために、塩を使って磨く方法が昔からあることに着目して、塩粒入りの歯磨き粉も登場しています。

 

塩粒が研磨剤として働く一方で、歯肉を引き締める機能も発揮できるのが利点です。

 

身近な材料で大量に供給できることから、比較的に安価で購入できるメリットもあります。

 

傷が口内にあるときには、塩の刺激が強すぎることになるため、このようなときには使用を控えたほうが良さそうです。

 

歯の黄ばみが取れる歯磨き粉には、炭粒が原料として使われる例があります。

 

この原料は塩のような刺激が少なく、歯に優しい性質になっているのが魅力です。

 

歯を白くする効果があるとされるために、常に審美的な歯を維持したいと願っている人も愛用してきました。

 

お歯黒のような見た目になる不安を抱く場合もあるはずですが、使用後には真っ白な状態になるだけでなく、爽快感も得られるので安心しても大丈夫そうです。

 

自然原料の中では、柿渋が使われる例も少なくありません。

 

柿渋と言えば、古来から染料としても使われることもあり、歯の黄ばみに対応できるのかどうかは疑問でした。

 

ところが実際には、抗菌作用や洗浄作用があるため、口の中を爽やかにさせるために有効です。

 

歯の黄ばみがひどくなると、同時に口臭も余計に悪化することが少なくありませんが、柿渋を使えば両方の悩みに対処できることになるわけです。

 

柿渋を主体にするだけでも一定の効果はありますが、頑固な汚れに対しては不十分になることが考えられます。

 

洗浄力と抗菌力を総合的に高めるために、歯の黄ばみを白くする歯磨き粉には、ナタマメという植物が一緒に使われることも多いです。

 

ナタマメには歯周病を予防するために役立つ成分が含まれていることもあり、歯の健康を総合的に高めるためにも有効になります。

 

黄色く変色した歯垢に細菌が付着して増殖を繰り返すと、歯周病の問題を悪化させてしまいますが、ナタマメの力を借りて洗浄すれば予防できます。

 

身近な原料としては、重曹が使われる例もあり、実際に使える種類は多彩です。

 

この中で自分の嗜好や体質に合ったものを選び、毎日のように欠かさずに利用していれば、安い出費で美白の歯を維持できると思います。

歯の黄ばみはクリーニングで取れる?

歯の黄ばみの原因は一つではありません。クリーニングによって取れる黄ばみと、そうでないものとがあります。

 

まずは普段の食事による着色汚れです。濃い色の食べ物、飲み物の色素によって歯の表面に色素が付着し、黄ばんでしまいます。

 

またタバコのヤニももちろん黄ばみの原因です。

 

そして磨き残した歯垢が歯石となって黄ばんでしまうケース。

 

歯垢は歯磨きで落としきれず蓄積していくと、2〜3日で石灰化し歯石となります。

 

歯石はそれ自体が黄色っぽい色をしているため、歯の根元付近が黄ばんで見えてしまいます。

 

加齢によっても、歯は黄ばんできます。歯の内側の象牙質はもともとクリーム色をしていますが、年齢を重ねる徐々に色が濃くなっていきます。

 

それに加え、歯のエナメル質が次第に薄くなってくるので、象牙質の色が目立ってきてしまうのです。

 

残念ながら加齢による黄ばみはクリーニングで取ることはできません。

 

この場合には歯の表面ではなく、内部から白くする必要があります。

 

ホワイトニングであれば漂白するなどの方法で歯を白くするため、加齢による黄ばみも取ることが可能です。

 

歯の着色汚れ「ステイン」はタンニンやアントシアニンといったポリフェノールが、歯の表面のたんぱく質と結びつくことで起こります。

 

まずは毎日の歯磨きで着色を防ぐことが大切です。毎日丁寧に磨くことで歯石も予防できます。

 

しかし、すでに黄ばんでいる場合は歯磨きで簡単には落とすことができません。

 

着色汚れと歯石による黄ばみは、クリーニングによって落とすことができます。

 

歯石はスケーリングで、ステインなどの汚れは「エアブレーション」や「クイックジェット」と呼ばれる方法で落としていきます。

 

また、歯の表面を削って凹凸をなくす「PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)」という方法もあります。

 

PMTCは表面を磨くため、汚れが付きにくくなるというメリットもあります。

 

虫歯や歯周病治療の一環である場合、健康保険が適応されるためレントゲン撮影などを含めても費用は3000円程度ですみます。

 

しかし黄ばみを取ること自体は治療には当たらないため、基本的には保険適用外です。

 

自由診療の場合費用は5000円〜2万円と高くなりますが、自分の好きなタイミングで治療が受けられ、納得のいく仕上がりになるはずです。

 

2、3ヶ月に一度くらいの頻度でクリーニングを受ければ虫歯や歯周病予防にもなり、常に白くきれいな歯でいることができます。

ホワイトニング市販品で歯の黄ばみを取る方法

歯の黄ばみが気になるけど、どうしていいかわからずずっと放置している人も多いのではないでしょうか。

 

歯の黄ばみをとるのに一番効果があるのは歯医者さんでホワイトニングをやってもらうことですが、お金も時間もかかりますよね。

 

何回も歯医者に通いつめないといけなかったり、その分値段もどんどん上がってしまい、高くて踏み出せない人も多いと思います。

 

私もそんな中の1人でした。そこで自宅でもできるし、市販の歯磨き粉で簡単に落とせる方法を見つけました。やり方の手順は3つです。

 

まずは市販の普通の歯磨き粉や歯の着色を落とす消しゴムのような商品で黄ばみを取る作業をしましょう。

 

消しゴムのようなものはビーブランド・メディコーデンタルのシロシティ&ビーボリシュセットや東京企画販売の歯の消しゴムトゥーステックダブルなどがあります。

 

これらは研磨性の強い歯磨き粉をつけて磨くことになるので、歯を傷つけてしまわないように注意が必要です。1週間に1回ぐらいの使用が目安です。

 

次にホワイトニング用の歯磨き粉で丁寧に磨いていきましょう。ホワイトニング用の歯磨き粉としては、アパガードやライオンのブリリアントモアが人気です。

 

市販品で比較的安く手に入ります。そして最後にフッ素を塗りましょう。

 

フッ素を塗ることによって黄ばみの予防ができる他に、虫歯予防や知覚過敏などの歯のしみるのを防ぐ効果もあります。

 

フッ素でおすすめなのはジェルタイプのコンクールジェルコートFです。

 

これは黄ばみだけじゃなくて、口臭、虫歯予防にももちろん最適です。

 

このフッ素ジェルは黄ばみの除去効果が強くて、黄ばみの気になるところに麺棒などで集中的に塗布して数分してから歯磨きを行うとほぼ着色がとれるんです。

 

このように自宅でも比較的手頃に簡単に黄ばみを取ったり予防を行うことができます。

 

また、歯を再生する元となるハイドロキシアパタイトが入った歯磨き粉もあります。この成分は歯の色素が沈着しにくく、歯の表面を修復してくれますので効果が高いです。

 

なかでもリナメルはナノタイプのハイドロキシアパタイトを配合していておすすめしている歯科医師もたくさんいて人気です。

 

後は、ホワイトニングペンなども活用してみるといいです。

 

ホワイトニングペンはそれだけでは歯を白くする効果はあまりありませんが、効果を持続させることが期待できます。

 

ボディマジックのペンなどがおすすめです。このように自宅でも定期的にお手入れを行うと黄ばみをおさえることができます。